京都再エネコンシェルジュ

田代ゆかりさん

京都再エネコンシェルジュインタビュー

アプリコット建築研究所(長岡京市)の京都再エネコンシェルジュ・田代ゆかりさんにお話をお伺いしました。

寒がりでも、少ないエネルギーで家中あたたかく。

田代ゆかりさん

「私自身が、とても寒がりなんです。それで、高気密高断熱の事務所兼住宅を作りました。冬は家中があたたかく、夏も涼しく、とても過ごしやすいですよ」と田代さん。家の中と外気との熱の出入りがとても少ないので、冷暖房のエネルギーは少なくて済みます。

冬は、事務所入り口にある床下エアコン1台の暖房で、夏は2階に設置してあるエアコンの冷房だけで、ほぼ快適に過ごせるとのこと。

「おうちの気密断熱が高いと、省エネというか、家庭でのエネルギーを大切にすることになりますよね。大切に使う、ていねいに暮らすということを大切にしたいんです」とお話をされる田代さん。パッシブハウス・ジャパンにも入ったり、研究会などに参加したり、最新情報を確認し、取り入れてます。「最近は、第一種換気にエアコンを組み込ませた全館冷暖房の家を作りました。ちょうど2件、立て続けに採用したところで、いまお勧めしています。新築の住宅では空気のよどみが出来ないように換気計画を立てます。換気に使う家中のダクトを利用して、エアコンを一台だけつけます。室外機も1台だけなので、外観もシンプルになります。そうすると、家中が快適になり、冷暖房費もエアコン1台分だけで済みます」。高気密・高断熱の住宅だからこそできることだそうです。快適だけでなく、ヒートショックの心配も少なくなり健康にもとても良いですね。

換気用ダクト画像(照明の横が、換気用ダクト)

もう一つの特徴として「高耐震」の家づくりをされています。設計するときには必ず構造計算をして、耐震等級は一番高い3になるようにしているとか。「阪神淡路大震災のときに、西宮にいた経験があって…。お客様にもご説明をしますが、やっぱりみなさん高耐震だと安心されますね」とのこと。

外観画像

建てられる住宅はZEH基準のもの。太陽光発電や蓄電池を導入されたり、薪ストーブを採用されたお客様もおられるとか。「最初にお客様のご事情に合わせてご提案しますが、予算の都合で設置を断念されることもあります。そんなときは、将来設置ができるように配線を組み込めるようにしたり、パワコンの置き場所を作ったりすることもあります」。限られた条件の中でも、将来を見据えた形での家づくりをされていらっしゃいます。

お客様のこだわりのつまった、フルオーダーの住宅

「いつも、デザインや間取りなど、こだわりがいっぱいつまったお家になります」と田代さん。型にはまっていない住宅にしたい、というお客様が多いとか。法律の規制ぎりぎりまで調整することもあったそうで、きめこまかく対応をされています。

「特に、間取りや家事の動線は、しっかりご相談します。例えば、洗濯機から取り出してすぐその場で干せるとか、雨の日などでも部屋でスムーズに干せるように考えておきます。水回りやキッチンなどの間取りと動線は重視しています。収納や家具も、適材適所になるように一緒に考えます。打合せの時間はかかってしまいますけれど、しっかりていねいにご相談することが、くらしやすい家づくりになると思うんです」。

内装画像

ところで、事務所の中には、かわいらしいタマゴ型の木の見本が置いてありました。「無垢の木をふんだんに使ったお家をご提案しているんです。木の床や、天井に天然木を使うこともあります。作り付けの家具も、木で作ったりすることも。いつも一緒にお仕事をする工務店さんも、ていねいに作ってくださいます。無垢の木は、やっぱりとっても気持ちがいいですよ」。

(取材:2020年2月21日)

ページの先頭へ