再エネって何?

薪ストーブ

炭素がぐるぐる循環する 木質バイオマス利用

C(炭素)が循環!

 木を燃やすと、二酸化炭素が排出されます。しかし、その二酸化炭素は、空気中の二酸化炭素を樹木が吸収したものです。つまり、燃やしても空気の中に戻るだけです。薪や、次に登場する木質ペレットは、木の成長分を利用する限りにおいては、空気の中の二酸化炭素は増えません(これをカーボンニュートラルと呼びます)。つまり、木は、使い方を間違えなければ、再生可能なエネルギーと言えます。

 この点で、地下にある炭素を掘り出して燃やすことで空気中の二酸化炭素を増やしてしまう化石燃料とはまったく違います。

 山の整備をして、そこで出た材を燃料利用することは、山を元気にして二酸化炭素吸収量を増加させることにもつながります。

※二次燃焼機能がついている高性能な薪ストーブであれば、燃焼時は目に見えるような煙は出ません。ただし、つけはじめには煙が出ます。また、多少のにおいが出ます。ご近所の迷惑にならないよう、設置業者さんと相談して充分に配慮してください。

薪ストーブ

 薪ストーブは、温風を出して室内の空気を温めるのではなく、熱せられたストーブ本体からの輻射熱で部屋を暖めるストーブです。ファンを動かす必要がありませんので、電気が無くても使えます。
 「煙突は薪ストーブのエンジン」と言われるほど重要で、排煙を効率よく排出する為に、まっすぐに屋根に抜いたり、雨仕舞を考えて壁を抜いたりします。非常に重要な部分ですので、専門家に相談してください。
 また特に寒冷地では二重煙突にすることがお勧めです。新築時、リフォーム時には、どの場所に設置し、どこに煙突を通すのか、薪ストーブの知識のある建築士さんとともにプランを検討しましょう。
 国産のものから輸入ものまで、薪ストーブには様々なタイプがあります。なお、京都では、京丹後市内や南丹市内で、オリジナルの薪ストーブが生産・販売されています。

薪ストーブ1 薪ストーブ2
京丹後市内産の薪ストーブ

薪ボイラーもあります

 家庭用の薪ボイラーもあります。
 ガスや灯油の給湯器と接続することも可能です。(左の写真の例は、太陽熱温水器‐薪ボイラー‐灯油ボイラーが接続されたものです。)

薪ボイラー

ページの先頭へ