京都再エネコンシェルジュ

初期プランに再エネ設備を!プロジェクト

選ぶなら新築の今がチャンス!だから、私たちは太陽光発電付き住宅をご提案します。

これからのスタンダードをあなたにも。

 地球温暖化防止のためには、住宅での太陽光発電等の活用が不可欠。新築時は導入の大チャンスです。

 京都府は、住宅に太陽光発電等が標準的に設置されている社会を目指しています。そこで、京都府は、京都再エネコンシェルジュのいる事業者(もしくは京都再エネコンシェルジュ認証予定者がいる事業者)と連携して、注文住宅の初期プランに太陽光発電等を盛り込んで提案することで設置率向上を図り、地球温暖化対策のさらなる推進と地域経済の健全な発展を目指すプロジェクトを開始しました。


※プロジェクト参加事業所の募集要項は「参加事業者 募集要項ページ」をごらんください。
※本プロジェクトの事務局は、京都府地球温暖化防止活動推進センターが務めています。

太陽光発電付き住宅を提案してくれる事業所はこちら!

 「多くの人に、自然の恵みを感じて暮らしてほしい」「地球温暖化が進まない未来を子どもたちに残したい」
 本プロジェクトの趣旨に賛同し、連携してプロジェクトを担ってくださる事業所は、下の4事業所です。

(紹介文は各社のホームページより)

株式会社デザオ建設 http://www.dezao.com

1965年の創業以来「注文住宅のデザオ」として住まい手の想いに誠実に向き合ってきました。こだわりが詰まった世界でたった一つの住まいを実現し、愛着を持ちながら心地よく暮らしていただくために、営業・設計・インテリアコーディネーター・現場監督が高い技術と感覚を持った専門家としてチームを組み、最初のご相談からお住まいの完成、その後のアフターサービスまで、一棟一棟、心を込めて取り組んでいます。(本社:京都市山科区)

建都住宅販売株式会社 https://www.kento.co.jp/

 京都の不動産を取り扱って30年以上。京都に密着し様々なノウハウや経験を蓄積したスタッフが、「こんな家に住みたい」「ここにこだわった家にしたい」など、様々な思いのこもった世界に一つの自分だけの夢のマイホームを設計・建設します。京都の伝統を大切にしながらも長期優良住宅仕様・外断熱・エコなどの最新技術も駆使し、「快適性」「安全性」「耐久性」の3本柱に、お客様の理想の住まいづくりをサポートします。(本社:京都市上京区)

タクミ建設株式会社 https://www.takumikensetu.info/

 タクミ建設は‟木造建築専門職人”宮大工もこなす大工工務店。京町家改装・店舗リノベーション・新築まで、全てを構造体強化型によるZEH対応木造住宅としてベテラン棟梁を筆頭に宮大工も務めるベテラン大工が建てます。住まわれる方と木材と、地球環境を真面目に考えたからこそ、安易に設備依存せず、他社には真似できない偽らない本物の木造住宅を建築致します。( 本社:京都市山科区)

ファイン.住宅 http://www.fine-jyutaku.jp/

 ファイン.住宅は、ご家族の『健康』と『安全』を第一に考え、自然素材の『塗壁』やウイルスやアレルギーに効果的な『窓コーティング』・燃えない断熱『セルロースファイバー』・地震や沈下に強い『犬走一体型ベタ基礎』など本当に良いものだけを使用(施工)し、先代からの知恵や経験を生かした住宅をお客様にご提供させて頂いております。また『太陽光発電・高気密・高断熱等による(ZEH)ゼロエネルギー住宅や最新機器での地盤調査及び実際に住宅を揺らしての動的耐震診断による耐震診断・エコリフォーム事業』などご提供させて頂いております。(本社:舞鶴市)

だから、太陽光発電付き住宅をお勧めします。

これからは、太陽光発電付き住宅が標準に

グラフ:新築時の太陽光発電設置率の推移。太陽光発電システムの設置率はどんどん上昇しており、2011年以降に建てられた戸建住宅の3割以上に設置されています。

 どちらを選ぶ?

図:どちらの電気を使いたい?A.おひさまの恵を使って自宅の屋根で作る電気:20円/kWh(発電単価)or B.火力発電などで作るこれまでと同じ電気:26円/kWh(買電単価)

もしも、あなたがAの電気を使いたいなら、新築の今がチャンス。太陽光発電システムは、電気代も安くなり、環境負荷も少なくて済みます。せっかくのチャンスを逃すことなく、後悔しない選択を。

▶▶▶ 計算根拠はこちら

良いこといろいろ あなたにも、地域にも、地球にも

いいこといろいろ太陽光発電。「停電時にも、晴れていれば電気を使える」「夏の昼間の電力不足リスク解消に貢献できる」「温暖化防止に貢献できる=子どもたちの未来のためになる」

お知らせ

  • 数値は仮定に基づく試算です。金銭的に元を取れることを保証するものではありません。
  • 設置のリスクや発電量、収支シミュレーション等についてはご提案する工務店等にご確認ください。
  • 太陽光発電についての疑問については、太陽光発電Q&Aをご参照ください。

本プロジェクトについてはこちらへ

本プロジェクトは、京都府地球温暖化防止活動推進センターが事務局となって実施しています。ご質問等はこちらへお願いします。

京都府地球温暖化防止活動推進センター(NPO法人 京都地球温暖化防止府民会議)
担当(木原・根岸) 電話:075-803-1128  ▶▶▶ 連絡先・事務所の地図はこちら

ページの先頭へ