お知らせ

2017年度 京都再エネコンシェルジュ研修 受付中!

2017年度の京都再エネコンシェルジュの募集が開始されました。

太陽光や太陽熱、薪ストーブやペレットストーブなどの再生可能エネルギーは、化石燃料を使わないため、地球温暖化対策になります。

地球温暖化対策として、国は2030年までに家庭での二酸化炭素排出量を40%削減する目標を掲げています。

京都府も2020年に家庭での再生可能エネルギーの導入を倍増する野心的な目標を掲げています。

 

そして、それらの再生可能エネルギーは、ただ地球に優しいエコなエネルギーというだけではありません。

月々の電気代やガス代が安くなったり、

海外から輸入される化石燃料ではなく、太陽の光や木といった身近な自然を使うため、

停電などの緊急時にも役立つこともあります。

また、炎の前でのひとときは、家族団らんにもなります。

左上8 枚が太陽熱集熱板ストーブとご夫妻

 

さて、家庭向けの再生可能エネルギーに

ご興味のある事業者をはじめとするみなさま、

京都府の研修を受けて、

家庭向け再生可能エネルギー導入を薦める、京都再エネコンシェルジュになってみませんか。

認証者には、専用まゆまろの使用やスキルアップセミナーの受講ができます。

申込方法など詳細

研修の詳細については、「京都再エネコンシェルジュになるには」をご覧ください。

チラシ

2017あなたも京都再エネコンシェルジュになりませんか

クリックすると、拡大されたチラシ(PDF1.2MB)が見れます。

2017京都再エネコンシェルジュになりませんかチラシ

クリックすると、拡大されたチラシ(PDF1.2MB)が見れます。

 

外部リンク

京都府

京都府地球温暖化防止活動推進センター

cool choice

ページの先頭へ